副業を始めるにあたり注意したい事

今やサラリーマンから主婦まで、多くの人が副業を始める時代です。
ネットを見ても、副業で成功している人の体験談などがたくさん見られます。
でも、本当に誰でも簡単に副業を始める事が出来るのでしょうか?
そこで、まずは副業を始める心構えをまとめておきたいと思います。
これから副業は始めたいという人の参考になればと思います。
1.誰もが副業出来る訳ではありません

大切なのは、誰もが副業出来る訳ではないという事です。
就業規則というものがある事はご存じだと思いますが、ここに副業を禁止する旨が記載されていたら、もちろん副業をする事は出来ません。
特に公務員の場合は、副業は出来ない可能性があります。
まずは事前にチェックしておきましょう。
もしも、会社などに副業の事が知られれば、解雇の可能性もあります。
慎重に調べてから、決める必要があります。
もしも、就業規則にも記載がないという場合は、上司などに一度確認しておくという必要もあります。

2.本業に支障があってはならない。

そして、副業に力を入れすぎて、本業がおろそかになっては意味がありません。
副業をスキマ時間にこなすので、心配はないと思うかもしれませんが、本業と平行して行えるかどうかを事前に考えておく必要があります。
例えば、休日のみに出来る副業を探すなど、無理なく副業する事が望ましいです。
副業が忙しすぎて、寝不足になってしまったりすれば、肉体にも負担が現れます。
本業と副業のバランスを良く考えてから、副業を始めましょう。

3.税金対策

そして、副業というと税金は関係ないと思うかもしれませんが、もちろんそんな事はないのです。副業が順調ならば、税金対策は必ず必要です。
ですが 、年末調整も済んで、経費を差し引いた時の売り上げが20万以下だったら、申告の必要はありません。
更に、例えば自宅のいらなくなった物を売ったという場合は、税金の対象ではなくなる可能性もありますが、販売目的で仕入れを行い販売していたら、税金の対象です。
どの副業を選ぶのかは、税金対策を調べてから始める必要があります。

誰もが簡単に出来る副業ですが 、そこには必ず、メリットやデメリットがあります。
メリットばかりを 考えて行動すると、後で後悔する事になります。
副業を始める時には、事前にデメリットも考えておいてから、その対策を考えておく必要があります。
自分が出来る事を、無理なく空いている時間で行えるというのが、副業の楽しさであり、収入を助けてくれる方法なのです。